--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年05月04日 (日) | Edit |
【宮部みゆき】編です♪
とりあえず自分の手持ちの分だけ、、
最近はもっぱら図書館で借りて読みますので家にあるものが全然増えないのですが、、(^^ゞ

興味のある方はどんぞお付き合い下さい
但しカテゴライズ、ややいいかげん
★マークはマエアシの独断と偏見に満ちたオススメ度です。


【現代ミステリー】

「パーフェクトブルー」★★★
警察犬を引退したマサの視点で描かれる人間と事件、、、
社会的なテーマを扱っていますが読み応えは良い意味であまり重たくはないです。

「心とろかすような~マサの事件簿~」★★★★★
30808815.jpg


上の「パーフェクトブルー」で活躍した蓮見家の面々が出てくる短編集数。勿論一人称は元警察犬のマサ。
犬好き、優しい人好きにはたまらん一冊やと思います。
ペットへの虐待が出てくる『マサ、留守番する』はさらっと書かれてるだけに悲しく悔しく切ないです。。

「とり残されて」★★
多分『初!宮部みゆき』やった筈、、その割りにか、そのせいか、、印象が無い、、、(^_^;)
後で読み返そうかな。。笑

「淋しい狩人」★★★
古本屋のお爺さんがイイ味出してます。

「東京下町殺人暮色」★★★
バラバラ殺人事件を扱っていますがなんかこう地に足がついた普通の人たちが描かれていて浮ついてないところがいいです。

「模倣犯」★★
映画化もされましたが、、妙に長くて、そんなに長くなくてもよかったんとちゃう?って引っ張り方に思えました。
こちらも猟奇的な殺人事件を扱ってましたが、東京下町に比べると薄い感じがしました。
(本は4倍以上に厚かったですが、、笑)

「ステップファザーステップ」★★★
ユーモアミステリーです。
じんとくるシーンは思い出せないですが、読みやすかった印象があります。
双子ってのは面白いですね。
マイキーのトニーとチャールズが好きなので特に面白く感じた!?

「スナーク狩り」★★★
この人はイヤな男を書くのも上手ですね。笑

「火車」★★★
最初の方に出てきた親戚のオッサンが感じ悪かった、すごく、、
なんて浅い感想、、、(^_^;)

「レベル7」★★★
中々読み応えのある長編でした。じっくり読みたい人向き、結論焦る人には不向き、、かも。。

「我らが隣人の犯罪」★★
これも面白かった、筈、、なのにストーリーを覚えていません。。
うーん、記憶回路結構ヤバイ??

「長い長い殺人」★★★★
30543374.jpg

財布の目で語られる短編が最後に大きな一つの流れに、、
鼻持ちならない人間と一所懸命な人間と、愚かなその辺にいそうな人間と、そしてやっぱり地に足つけた人間と、、、
読み応えある1冊です、オススメ♪


【時代物】

「初ものがたり」★★★★★
21S9RW1DSDL__SL500_AA140_.jpg

旬の食べ物と事件を上手にくっつけた短編集です。
人情と意気を感じます。
またところどころの台詞が結構深くて、、、
続きが読みたいです。。
設定も「続いておかしくない」ものなのにほったらかされてるシリーズ?、、、(^_^;)

「本所深川ふしぎ草紙」★★★★
短編集ですが、『地に足つけた』人物たちに惹かれます。
「初ものがたり」同様結構オススメ(*^。^*)

「かまいたち」★★★
短編集ですが、以下の霊験お初に続く話が出てきます。

「震える岩・霊験お初捕物控」★★★
面白いんですが、キャラ自体にはあまり魅力を覚えませんでした。。
お好きな方、ごめんちゃいちゃい。

「天狗風・霊験お初捕物控2」★★★
同上

「幻色江戸ごよみ」★★★★★
容色に優れない女心を書くのもうまいですよね、この人は、、、
こちらも怪異短編集ですが、『器量のぞみ』が読み応えがありました。
あと『紅の玉』
豪勢なものを禁じる法が発令された後、簪の飾り職人の主人公は必然的に貧乏に、、、
そんな暮らしの中、身体の弱い妻を労るこの優しい夫がはからずも事件に巻き込まれてしまって、
なんとも言えない切なさでした。。

「堪忍箱」★★★
ちょっと苦い、、かな。。特に心に残ったものは無かったです。


【SF・ホラーミステリー】

「魔術はささやく」★★
面白かった筈なんですが、内容がちゃんと思い出せません。。笑
そんなレビューがあるかって話なんですが、ごめんちゃい。。

「龍は眠る」★★★
上の「魔術はささやく」よりは人物がよく書けていた、、ような、、気がします。。これも記憶不完全。。(^_^;)

「クロスファイア」★★★
こんな奴ら生きてる価値も無い、、
遊び感覚で命を奪いながら軽い量刑しか科されない少年犯罪への怒りがよく分かります。
超能力さえあったらマエアシも燃やしてやりたい阿呆がいっぱいいますわ、いや、マジで。

「鳩笛草」★★
「クロスファイア」の原型が入ってます。
んー、、まぁまぁ、、かな。。

「蒲生邸事件」&「ブレイブストーリー」★無し
どちらも体質に合わずに最後まで読み通せなかったです。。
(^_^;)うーん、、うーん、、結構面白いと評されてるのでワタシの感性がおかしいのでしょうか?


以上、今目につくところにあるものだけ書いてみました。

図書館で借りた分では
「理由」「日暮らし」「ぼんくら」等がオススメです

スポンサーサイト
テーマ:本の紹介
ジャンル:小説・文学

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。