--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年08月01日 (火) | Edit |



犬5万匹近くを一斉処分 狂犬病対策で中国

【北京31日共同】
中国雲南省の牟定県政府は31日までに、狂犬病対策で軍用犬を除く県内の犬約5万匹の一斉処分に乗り出し、90%以上を殺したことを明らかにした。中国各紙が同日報じた。
 雲南省の地元紙「生活新報」によると、同県当局は4月以降、県内で住民3人が狂犬病で死亡した事態を重視。公安局長をトップとした犬退治専門のチームを組織、処分に着手した。飼い主への補償金は1匹当たり5元(約72円)。
当局者は「適切な措置だ」と話している。
 同チームは飼い主が散歩に連れ出した犬やマイカーに乗せられた犬などを徹底的に“摘発”。
「この犬は家族の一員。見逃して」と泣きながら哀願する女性飼い主の前で、愛犬がこん棒で殴り殺される様子などを各紙は伝えている。
(共同通信) - 8月1日0時2分更新


・・・・・狂犬病が怖い病気であることは知ってるけど、予防対策とか法令で義務付けられてなかったんだろうか?
多分なかったんだろうな。。

(日本では狂犬病の予防接種も毎年は必要ない、やり過ぎとする説もあるけどその辺りの本当のところは知らないんですが)

この摘発・虐殺劇は本当に行われてることなんでしょうか?
いっそデマだったらいいのにと思います、、、(ToT)/~~~

スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。