--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年07月07日 (金) | Edit |
こみあげてくるニュースが多い。
日記で取り上げるのも嫌なくらいの鬼畜の所業だ。

「頭から熱湯、2歳女児が虐待死 滋賀県警、両親逮捕」

我が子に、、(いや、この言い方は変ですね、どこの子にもやっちゃいかん!)頭部に熱湯をかけたり殴ったり蹴ったりの虐待、死に至らしめた夫婦が逮捕された。
(本当にこの手のニュースは後を絶たない、、そしてニュースになってない、気づかれてない虐待はもっとあるのだと思う。。。)

近所の人がインタビューで「熱いよ~!」って声がしてたと言ってたけど。。。
言葉では言い表すことの出来ないむごさだと思う。

(余談ですが、こういうインタビューに答えてる時に妙に嬉しそうに見える人が、単にテレビカメラを前にして舞い上がってるのだとしても、大嫌い!)

どうして大の大人が自分より小さい生き物にそういうむごいことが出来るのでしょうか?

いや、どうしてなんて理由は必要ない。
どんな理由があったって理由にならないからだ。
勿論理由を考察して今後に役立てるようなケアが必要という声もあるけれど、理由は即言い訳や逃げ道に変質することが多いので私は敢えてこんな奴らの鬼畜な所業の理由など知りたくはない。。

本当に私がここでこんな事を書いたって何の役にも立たないんだけど、、

昨日に続き今日もまた3歳児の腹部を殴り内臓破裂に追いやった父親が逮捕されているし、、

他には、子が認知症の父親を7時間にわたり暴行し肋骨骨折を負わせている。
子供と言っても42歳のいい大人である。
しかし、無職。
親の年金で生活していたらしい。
45歳の兄も同居しているがこちらも無職。。。

基本的なものがいろいろと欠けていると言ってしまえばそれまでだけど、本当に許されない事件が多い。

弱いものへの虐待、犯罪。
家庭内にとどまらず、車椅子の人や杖をついた人を狙ってひったくりをする奴や、人に上手く伝達することが出来ない人への性的いやがらせなど、そういうことが存在するということ自体が許せない事件というものには、司法はもっと妙な理屈や理由などつけずに厳罰をもって臨んで欲しい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。