--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月14日 (金) | Edit |



「ヨイトマケの歌」噂には聞いてたけど初めて見ました。
うーん、
美輪明宏、、、カッコいいぞ。

しかし「ヨイトマケ」ってなんなんだろう?

調べてみました。(*^。^*)
『 "ヨイトマケ"とは、建築の地固めをする際に、大きなつちの綱を引くときのかけ声。
転じて、これに従事する人足。多くは女性』(広辞林)だそうです。

昭和41年、美輪明宏による「ヨイトマケの唄」がキングレコードから発売、大ヒット。
しかし歌詞の中にある "土方"という言葉がいけないという理由から放送禁止となったそうです。

(ノ+o+)ノこ、、、言葉狩り??

以下、歌詞全部載せます。
めっちゃいい詞です。朗読したら涙が出そうになりました。
(こんなんを放送禁止にしたアホは絶対サヨクだ。笑 )

『ヨイトマケの歌
【作詞】丸山明宏
【作曲】丸山明宏

父ちゃんのためなら エンヤコラ
母ちゃんのためなら エンヤコラ
もひとつおまけに  エンヤコラ

1.今も聞こえる ヨイトマケの唄
  今も聞こえる あの子守唄
  工事現場の昼休み
  たばこふかして 目を閉じりゃ
  聞こえてくるよ あの唄が
  働く土方の あの唄が
  貧しい土方の あの唄が

2.子供の頃に小学校で
  ヨイトマケの子供 きたない子供と
  いじめぬかれて はやされて
  くやし涙に暮れながら
  泣いて帰った道すがら
  母ちゃんの働くとこを見た
  母ちゃんの働くとこを見た

3.姉さんかぶりで 泥にまみれて
  日にやけながら 汗を流して
  男に混じって ツナを引き
  天に向かって 声をあげて
  力の限り 唄ってた
  母ちゃんの働くとこを見た
  母ちゃんの働くとこを見た

4.なぐさめてもらおう 抱いてもらおうと
  息をはずませ 帰ってはきたが
  母ちゃんの姿 見たときに
  泣いた涙も忘れ果て
  帰って行ったよ 学校へ
  勉強するよと言いながら
  勉強するよと言いながら

5.あれから何年経ったことだろう
  高校も出たし大学も出た
  今じゃ機械の世の中で
  おまけに僕はエンジニア
  苦労苦労で死んでった
  母ちゃん見てくれ この姿
  母ちゃん見てくれ この姿

6.何度か僕もぐれかけたけど
  やくざな道は踏まずに済んだ
  どんなきれいな唄よりも
  どんなきれいな声よりも
  僕を励ましなぐさめた
  母ちゃんの唄こそ 世界一
  母ちゃんの唄こそ 世界一

今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの子守唄
父ちゃんのためなら エンヤコラ
子どものためなら エンヤコラ』



スポンサーサイト
テーマ:日記
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
>KUWAさん
ワタシもです。
強くなりたいです。
2006/04/19(Wed) 09:22 | URL  | maeashi恵 #7RorUgFk[ 編集]
泣きました。。。
メモします。
私も頑張らねば。
2006/04/18(Tue) 22:24 | URL  | KUWA #P8.pdkUw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。