--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005年12月29日 (木) | Edit |
先日の大学生塾講師が教え子の小学生女児を殺害・逮捕された事件、やはり「精神状態を焦点に」争う方針を弁護団が発表してきた。

健全な精神状態なんかでないのは当たり前!
それでないと成人が自分より弱い子供を殺すことはできないと信じたい。
しかし、それと罪を問えるかどうかは別問題だ。
異常性格と法が人権を守ってやらなければならない病状は一致しないと思う。

学習塾での指導をできる知能、
そして犯行時他の人間を遠ざけることの出来る奸智、
それらを棚上げして加害者の減刑を図る弁護団。

おまえらこそ、精神鑑定してもらえ!
良識と常識の欠落したような弁護士など不要だ。

刑事事件は確かに弁護士無しでは成立しないものではあるし、その構造の正当性は分かるつもりではあるが、それでも
あんまりやんと嘆きたくなるような犯罪とそれに付随してくるそれはないやろと言いたくなる弁護・理屈・言い訳に怒り心頭です。

ミナミの姉妹殺害事件もそうだったけど、再犯率の高さとその背景にある初犯の時の司法の対応の甘さにご遺族の心境を考えるとお気の毒でなりません。
この犯人の護送車の中でのにやにやした表情も、塾講師の「女の子に謝りたい」との殊勝気なコメントも表面的には差がありすぎるようだが、ご遺族の神経を逆撫でする得手勝手という点では全く同一で許しがたいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
レスです♪(^。^)
>リカさん
いやー、こんなの明らかに国選弁護人じゃないですから、、、
悪質ですよ。
真面目に?国選弁護や当番弁護士を引き受けてる人たちと同列に論じたらお気の毒ですよ。
今回の弁護団にはオ○ム事件で活躍してる弁護士も混じってますし。
マスコミの話題性がくっついてくる事件にすぐ首つっこんでくるようです。
\(-o-)/

>UTAさん
終わってしまった殺人事件よりこれからの殺人者の未来の更生を考えてやる傾向、、、なんとかならないものでしょうか。
大分厳罰傾向になってきているとは言え、まだまだ甘いし言い訳太郎は増え続けそうですね。
昨日コーナンに行ったら小学生の男の子が店員に
「すみません、防犯ベルはどこですか?」と訊いてました。
(ToT)/~~~備えあれば憂い無しになりますように。。。
ランドセルにも防犯グッズが装備されてるものが増えてきてるらしいですね。。。
2005/12/30(Fri) 09:13 | URL  | 前足恵 #7RorUgFk[ 編集]
私は弁護士が嫌い(笑
これは一回タラコ食べてあたったからタラコ嫌いというのとおんなじですけど(笑

このニュース、朝コーヒー飲んでる時にテレビでやってて
なぬっ!!と思った途端、むせました・・・許さん!!

ここでも言わせてください。
一人でも人を殺したら、病んでようが何だろうが
原則死刑。これが徹底すれば事件は半減すると思います。
2005/12/29(Thu) 12:11 | URL  | UTA #-[ 編集]
先日北海道のスキーで知り合った人(弁護士)が言ってた。
弁護したくない事件もあるんだって。
個人が依頼してくるのはともかく、
国からまわってくる事件は、順番に担当しなくてはいけないらしくって、そんな中には心情的に引き受けたくない事件もあるんだって。弁護士も大変だよ・・。
2005/12/29(Thu) 10:17 | URL  | Lica #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。